海外fxの業者選び【ポイントを押さえて申し込みをしよう】

コンテンツ一覧

海外のFX会社の特徴

スーツの男性

レバレッジ1000倍

海外fx業者が注目されるようになったのは、2011年頃です。この頃のFX業界は、金融庁の規制によりレバレッジが最大25倍まで制限されてしまい、ハイレバレッジで運用したいのに日本国内ではそれができず、海外fx業者に口座開設する個人投資家が増えたのです。海外fx業者は、レバレッジの規制がありませんので最大で利用できるレバレッジが400倍や500倍の業者が多くあります。中には、レバレッジ1000倍まで可能な海外fxもあります。1米ドル円100円の時に1万通貨で取引したいとなると、日本のFXなら最低でも証拠金4万円は入れておかなければならないです。それが、1000倍までレバレッジをかけることができるので、1000円で1万通貨の取引ができてしまうのです。だからといって、海外fxの口座に1000円だけ入れておけばいいのではなく、最低入金額が決められていますので、その金額以上の入金は必要ではあります。また、海外fx業者は国内FXよりもサービスが充実しているところが多く、口座開設時に入金ボーナスを実施している業者があります。例えば、口座開設して初回入金額の30%をボーナスとして支給するといった具合です。1000ドル入金したら、30%である300ドルが入金ボーナスとして支給されるので、証拠金が増えた状態で取引開始できます。ただ、入金ボーナスを目当てに引き出すということができず、取引だけに使うことができるお金ですので、資金が増えるので精神的な余裕をプラスさせることができます。