海外fxの業者選び【ポイントを押さえて申し込みをしよう】

コンテンツ一覧

株

海外のfxの魅力とは

海外fxをやる人が増えているのはそれだけ魅力があるからです。レバレッジの大きさがその1つですが、国内と同じように簡単に業者に口座開設できるというのもその理由です。口座開設するとキャッシュバックがありますが、入金額によってもいくつものキャッシュバックサービスがあります。

詳しく見る

人形

仕組みを理解する

海外fxでは業者ごとにシステムが異なるので、違いを比較することがポイントです。特にリスクに対するシステムや口座維持手数料に関すること、サポート体制について検討してそれぞれに向いている業者を選ぶことが重要です。

詳しく見る

男性

即で口座に反映する

海外fx業者は、日本国内の業者だけ使っていると馴染みがないですがクレジットカードで入金するのが主流です。他にも銀行送金で入金もできますが、クレジットカードは即時口座に反映されます。出金方法もクレジットカードでできますが日数がかかります。

詳しく見る

スーツの男性

海外のFX会社の特徴

2011年の金融庁によるレバレッジ規制で、海外fx業者で口座開設する方が増えてたのです。日本国内と違って海外fx業者は、レバレッジが400倍まで使えるところが多く、中には1000倍までかけることができる業者もあります。

詳しく見る

グラフ

海外の資産運用がおすすめ

これからの時代、預金はリスクの低い資産運用だが、これからを考えて違う方法で資産運用する人の中で注目を集めているのが海外fxです。海外fxは日本の業者以上に優秀な部分が多く、非常に魅力ある資産運用法として今ひそかな人気になっています。

詳しく見る

国内のFXと比較

お金を持つ人

レバレッジに大きな違い

FXを始めるために、国内FXにするか海外fx業者にするのか悩みますが、それぞれに特徴があります。海外fxと国内FXの大きな違いはレバレッジにあります。海外fx業者は、最大400倍にしているところが多く、一番高いところでは1000倍までレバレッジをかけることができるところもあります。国内は、最大でも25倍であるため資金効率でいえば海外のほうが有利です。続いてスプレッドですが、日本国内であると米ドル円で0.1円〜0.3円といった極狭のスプレッドを固定で提供しているのですが、海外の業者であるとやや広めに設定されています。変動スプレッドであるため、スプレッドが狭い業者を選ぶとなったら平均スプレッドを比較します。ロスカットについても国内と海外で異なります。海外fxは、ゼロカット制度を採用しています。証拠金残高がマイナスになっても追証が発生しないシステムです。国内FXは、ロスカット制度がありますが、証拠金残高がマイナスになったら追証が発生します。以上のような点で違いがあります。海外fx業者のイメージは、やはりレバレッジが高いと感じている方が多いです。日本国内業者を使っているとレバレッジが高いことはハイリスク、損益のブレ幅も大きいのでリターンも大きいが損失するときの金額も多額になることです。国内はリスクが高いからレバレッジを制限しているのですが、海外はゼロカットがあるので入金した金額以上に損失がでることがなく、高いレバレッジだからリスクが高いは当てはまらないのです。